アラサー投資家ばいぷれ

倍プレイヤーとは。1 : 年間で資産を倍増すること 2 : 投資世界の名脇役 3 : 趣味の株式投資で優良企業を見つけ出すこと

JT<2914>が隠れ優待プルームテックを株主に届ける最大の理由【電子タバコが人間を救う?】

10-11月と言えばJT株主優待が本格的に到着し始めるシーズンですよね。JT株主である読者の皆様の元へも優待品が到着し始めているものと思います。

 

私は今年の春からJTの株を持っている(いわゆる株主)のですが、今回はじめてJTから株主優待をもらいました。今回はJTが「隠れ優待」でプルームテックを届ける理由について情報をお届けします。

 

JTの株主還元施策はかなり充実している

JT増配年数16年をここまで続けていている超優良企業です。もちろん米国企業などに目を向けると増配30年以上の猛者たちが相当数いるわけですが、それにしてもかなり頑張っています。

 

公式サイトにも株主還元に関する考えがしっかり書かれていますね。

株主還元方針については、強固な財務基盤を維持しつつ、中長期の利益成長に応じた株主還元
の向上を図ることとしております。具体的には、以下の3点です。
・1株当たり配当金の安定的・継続的な成長を目指す
・自己株式の取得は、事業環境や財務状況の中期的な見通し等を踏まえて実施の是非について検討
・なお、引き続きグローバルFMCGの還元動向をモニタリング

引用:JT2018年決算短信

2019年の6月期は154円の年間配当でしたが、相当な金額を株主に還元している計算になります。

株主還元はどうなっているの? | JTウェブサイト

 

隠れ優待でJTから送られてきたプルームテック

JTからはプルームテックを紹介するカタログと申込書が送られてきました。

f:id:namakyarameru:20191113211515j:image

ちなみにプルームテックプラスの本体価格は、約2,500円です。Amazonでも購入できますね。スターターキットはタバコ界では常に人気上位な商品ではないでしょうか。

 

ただ本体だけでも決して安い金額とは言えないですし、送料などを含めたら全国にいる個人株主に配るだけでも相当な金額になってしまいます。

 

ただでさえ業績が傾きつつある(笑)JTですが、なぜ株主に向けてこのプルームテックを配るのでしょうか?

 

プルームテックを隠れ優待として配る最大の理由

もうこれしかないでしょう。一般消費者からのブランド・ロイヤリティの向上です。ちなみにブランド・ロイヤリティとは、

特定ブランドに対する消費者の忠誠心のこと。継続してそのブランドを購買する程度のこと。
ブランド・ロイヤリティが高いと消費者は常に自社の製品やサービスを選択してくれます。
ブランド・ロイヤリティを高める主な手法としては、質の高いベネフィットの提供、良好なイメージの醸成などがあげられます。

引用:ブランド・ロイヤリティとは何? Weblio辞書

と定義されております。

 

JTはタバコを販売しているとはいえ、人間を不健康に貶めるために販売しているわけではありません。嗜好品としてのタバコをいかに健康に、長く吸ってもらうかが重要な課題であるわけです(顧客が不健康で例えば死亡してしまったら、そもそも購入すらされなくなってしまいますからね)。

 

それを考えると「低温加熱方式」を採用し、蒸気によってたばこを加熱するプルームテックは比較的健康に留意を置いています。その広告宣伝の手段の1つとして、隠れ株主優待を導入するのはJTとしては正しい判断ともいえると思います。

 

隠れ優待を通じてブランド・ロイヤリティが上がれば、今まで導入を考えていた方もリピーターになってくれる可能性が高まります。2018年にも隠れ優待としてプルームテックを配っていたようですので、何らかの成果が出ているものと考えられます。

 

最後になりますが、私は親戚のタバコ好きな方に無償で差し上げたことをここに記して、締めの言葉とさせていただきます笑

 

【プルームテックプラス公式サイト】 

www.ploom.jp

 

※投資は自己責任でお願いいたします。