お金を学ぶ

倍プレ@ゆとり世代。年々資産を倍にすることを目指す倍プレーヤー。相場からの退場は罪。#お金 #株 #投資 #iDeCo #ふるさと納税 #旅行 #料理 #読書 #NBA #スポーツ全般

読書において大切なのはタイミングではないでしょうか?

どうも。倍プレです。

 

私の知る限りで2018年のお盆休みは最長11日の猛者がいましたw

私は投資同様、分散休暇?にしているので9月にかけて少しずつ休みを取っていきます。

 

読書のタイミングについて振り返ってみた

いきなりですが、皆さんはどのような時に本を良く読みますか

 

いつでも時間さえあれば読むのか、通勤通学の時間に読むのか。

私の友人では毎日通勤時間往復1時間をかけて週に5本ほど本を読むといっていました。

※これまた猛者だと思いますw

 

私の場合、「人生に悩んでいるときに読む」ことが多いのです。

 

特に意識しているわけではないのですが、ふとした時、例えば「ああ、少し人の意見を聞きたいなぁ」というときに手っ取り早いのが本だと思っています(人に会うには腰が重い時)。

 

なぜ、本が悩みを解決してくれるのか。

本には「作者の考え」がふんだんに盛り込まれているからです。

特に本を書くような方だとその道で成功している方が多い。

 

 

実は最近「仕事とは何ぞや」という悩みに再びぶち当たっておりまして…笑

そこで、お盆期間に知見を与えてくれそうな本を読もう!ということでいくつか本を読んでいました。

 

過去読んだ本を見返していたらとある本の感想が…お恥ずかしいですが少し共有。

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え

  • 作者: 喜多川泰
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 93回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

「夜18時にKindleへ入れて、その後一気に読みきりました(只今0:20、逃げ恥も途中挟みましたよw)。以下学んだことをつらつら。①金で尺度をはからない。金は一先ずおいておく②時間への投資。以前別の本を読んだ時も気づかされた、タイムマネジメント。いや、本当に大切ですね。これを思うと通勤時間もバカバカしくなるような…いや、そこで何をするかが大切ですね③自分の尺度をもつ。その通り、自分の中の軸がやっぱり定まっていない。自分が何に幸せを感じるか。よし、転職決めよう。そうしよう。」 

 

というわけで、2年ほど前に前職で少しもやもやしていた時期に書いた感想です。

感想が浅いなぁ~wwと思いながら読み返していました。

 

今回はこちら【手紙屋】

久しぶりにこの喜多川泰さんの本を読み返したくなり、下記の本をこの週末で読んでみました。 

「手紙屋」

「手紙屋」

 

特に感想をこのブログで記そうとは思いませんが、何も書かないのも勿体ないので。

 

ちょっぴり夏の読書感想

自分の「才能」よりも「情熱」をもっと大切にして人生を過ごし、仕事に邁進していこうと改めて感じました。

私の場合「色々なもの・コトを繋げること」に生きがいを感じます。

 

リアルな場でいえば例えば同僚とのパーティや、昔の友人との同窓会などの主催。

私にとって大事なのはその場に「参加すること」ではなく「主催すること」なんですね。

 

若干の人見知りということもあるのでしょうが、「その場をつくること」が何よりも楽しくて、その延長線上に同僚とのコミュニケーションや、旧友との再会、というイベントがあるのだと思います。

これはちょっと別の機会に記事するとして…。

 

この情熱を、やはり仕事で体現していきたいなと思います。

才能云々よりも、情熱を大事にしようと改めて感じました。

 

そして同時にこのブログのメインテーマでもある「株式投資」についても、「モノ・ことを繋ぐ」を実現している会社に今後も投資していきます^^

 

改めて、今、このタイミングで、この本に出逢えたことを感謝しています。

 

~~~~~~~~~~~

参考に、この夏読んだ本一覧也。

アキラとあきら (徳間文庫)

アキラとあきら (徳間文庫)

 
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

 
SHOE DOG(シュードッグ)

SHOE DOG(シュードッグ)