お金を学ぶ

倍プレ@ゆとり世代。年々資産を倍にすることを目指す倍プレーヤー。相場からの退場は罪。#お金 #株 #投資 #iDeCo #ふるさと納税 #旅行 #料理 #読書 #NBA #スポーツ全般

【難】株の売却タイミングは本当に難しくないですか?勝率100%の猛者はいるの?

どうも、倍プレです。

先日旧友と株の話をした際に「やっぱり売り時が難しい」という話になりました。

今回は株の売り(Sell)に特化した記事です。

 

やはり100%の成功はないだろう

いくら成功している投資家でも当然「負ける時間、負ける日、負ける月」があると思っています。

その反面、「負ける年」ということになるとバブル崩壊、リーマンショックなどのビッグネガティブイベントがない限り、成功者は年単位で負けることは少なそうとも思うわけです。

 

もし売却益で勝率100%のルールがあれば誰も苦労しません。

でも、勝率をあげるための勉強実践などの努力は欠かせません。

今後も実践を中心に活動を続けていきます。 

 

実績で振り返ろう

2018年ここまでの成績

倍プレは2018年は8月25日時点で33件の売却をしてきました(家族口座除く)。

 

内訳としては、プラスが28件マイナスが5件

勝率は84.8%。まあまあ、悪くはないですね。

自分の投資ルールが確立してきていることが一番の要因です。

 

なお2017年は49件の売却、プラスが29件マイナス20件がでしたので一応勝率は上がってきています。

 

ただ忘れてはならないのが、6月の売却大会。

6月初旬にやむなく資産を売却

6月に大きな買い物のために株式資産を一時的に減らしたのは既知の通りです。

 

 

資産を減らしたのは紛れもなく「現金が必要」になったからであって、「よし、ここが高値だ!もうあとは下がるだけ!」という理由で売ったわけではないです。

 

偶然の産物となるわけですが、資産を売却して間も無く3ヶ月、

売却した株価をピックアップして売却後の株価と共に少し振り返ってみたいと思います。

 

ちなみに画像は全てmyTradeさんから。見やすくてオススメです。無料でも全然イケます。

 

2018年6月売却大会銘柄のその後(現時点数値は8/24終値)

現時点まで仮に保有していた場合、6月に売却した時よりも儲かっていたかを一応確認してみました。

なお、いずれも長期保有目的の銘柄でした。

 

①プレミアグループ<7199> 

3460円で売却。 現在値4130円。

f:id:namakyarameru:20180825172443j:image

売却後、一時的に下がって「良し!」と思ったもののパーク24との提携等のニュースが出て急激に上昇。

気づいたら4000円超えてましたw

→売却は大失敗

 

② ユーザベース<3966>

3510円で売却。現在値2933円。

f:id:namakyarameru:20180825172526j:image

売却後、一時的に3000円前後まで下がったのでかなりラッキーでした。

ただ売却後に4000円超して「やっぱりか~」と残念がるも、お盆期間にかけて少しずつ下落。ついに2500円も割っていました。

その後底はうったと判断し、買い増し。後は上がれ!

→売却タイミングは正解 

 

③テクマトリックス<3762>

2317円で売却。現在値2071円。

f:id:namakyarameru:20180825172612j:image

売却後は比較的右肩下がり。医療×ITというレッドオーシャンの中ではかなり安定した収益モデルの企業。

まだまだ売上、利益ともに上がっていくと思いますが短期目線では下がっていますね。

→売却タイミングは正解

 

④伊藤忠商事<8001>

2110円で売却。現在値1919.5円。

 f:id:namakyarameru:20180825172619j:image

売却後は決算発表等も重なり下落気味。高配当銘柄の1つなので、正直保有して居たかった気持ちもありますが、止む無しか。

→売却タイミングは正解

 

⑤コメダHD<3543>

2118円で売却。現在値2140円。

 f:id:namakyarameru:20180825172623j:image

売却後は上下に変動するもおよそ2000~2300円前後で安定か。

正直優待目当てで持っていたかったので、残念。

→売却タイミングはノーコメント

 

結論としては、売却銘柄はほぼ正解だったと言えます。

 

6月のビッグイベントがなければ、恐らく今日まで売却することはなかった銘柄たちばかり。

 

改めて偶然に助けられたことを実感しています。

 

勝利に向けて…高配当銘柄×バリュー銘柄投資を徹底!

2018年下半期もまもなく2カ月が終わろうとしていますが、徹底して高配当銘柄の監視と、新規のバリュー銘柄の調査は空き時間に継続しています。

現在ではアドバンスト・メディア<3773>やクラウドワークス<3900>が化けてほしいなと。

 

8月も全力で駆け抜けましょう!

 

※投資は自己責任でお願いします。